警備員求人の真実~寮付きは設備が充実しているところがおすすめ~

より高収入を目指せる!警備員のメリットに注目

警備員の仕事で高収入を実現することも可能です。なぜなら、深夜時間帯に働くこともできるからですね。一般的に昼間の仕事よりも、深夜の仕事の方が給料が良くなっています。警備員の世界でもこれは同じことですね。大体25%ほどは多く稼ぐことができるので、深夜時間帯の勤務ばかりを選んでいけば、高い収入を実現することも可能になります。メリットは収入面だけにあるのではありません。コミュニケーションが苦手な人にでも十分務まる仕事だという点も大きいですね。特に深夜時間帯に勤務するのであれば、誰かと話をする必要がほぼなくなります。昼間なら観光客に道を聞かれたりすることも多いのですが、深夜ならそうしたことも少ないはずです。仕事の内容も責任感は必要ですが、とても難しいものではありません。完全な初心者にも務まる仕事ですから、その点もメリットには数え入れることができます。

転職には欠かせない職務経歴書の書き方

転職の際には、職務経歴書というものを書かなければいけません。ですが、これは履歴書のようにフォーマットが決まっているものではありません。各自自由に作ってもいいものなので、逆にその点が悩ましいところですよね。どのように書いて行けばいいのか分からずに困っている人も多いはずです。一応、ネットで調べてみれば、代表的なフォーマットのテンプレートをダウンロードすることができます。それを使えば、問題なく職務経歴書は作っていけることでしょう。ネットにあるテンプレートを使用したとしても問題視されることはほぼないので、こうした方法を使うのが一般的です。職歴の要約はもちろん、所有している資格もこの書類で詳細に報告することができます。警備会社も、素晴らしい職歴や資格を持つ人にはそれなりの仕事を用意してくれますから、履歴書も含めて書類は完璧に用意しておくのが望ましいですね。その後の待遇の違いにも繋がるので、手を抜けない部分です。

仕事のメリットを考える

パソコンを見る人

まずは研修!働くために学べる制度をチェック

警備員の仕事は、時には人の命にも関わってくる重要なものとなります。そのせいか、法律によって研修が義務付けられています。また、18歳未満の人にはできないようにもなっています。法律で制限を加える必要があるほどに、重要な仕事だというわけですね。正社員として警備の仕事をするときはもちろんですが、アルバイトでも研修は必須なので知っておきましょう。一日バイトでも必須です。これは警備業法というものに規定されている厳密なルールです。
警備会社によって研修の内容や方法、かける日数も変わってきますが、法定研修というものは最低限クリアしておく必要があります。最低でも三十時間の研修は受けなければなりません。基本教育が15時間で、業務別教育が15時間です。ただ、これは未経験の人の場合です。すでに過去に研修を受けているなら、一部免除されることもあります。研修の内容は、動画を見たり実際に体を動かしたりと、業務の内容によって変わってきます。

寮付き求人を選ぶ時は設備面のチェック

寮付きの求人案件が多いというのも、警備員の仕事の特徴かもしれませんね。警備会社が寮を持っていて、そこで寝泊まりができるケースが多いです。家賃が非常に安いというメリットが生まれるので、寮付き求人は一人暮らしをしている方にも大人気です。警備会社の方も、人材を自由に使えるようになるのでメリットは大きいです。シフトの穴を寮にいる人たちに埋めてもらうこともできるので、コストをかけてでも寮を用意する意味があるのです。
こうした求人を選ぶときには、設備面のチェックが欠かせませんね。同じ寮と言っても、会社によっては雲泥の差があるからです。狭い部屋でエアコンもないようなところもあれば、ホテルのような素晴らしい設備を整えていてくれる会社まであります。実際に見に行くということはなかなか難しいですが、調べてみれば画像ぐらいは見られるはずです。口コミ情報でも設備面のチェックは可能です。後悔しないように、しっかりと下調べをしておきましょう。特にネットが使えるかどうかは要チェックですね。ネットさえ使えれば、大きな問題は出ません。